Top Ad unit 728 × 90

白金・白金台の住人が保証切れSIMフリーiPhoneを修理してわかったこと

先日、愛用してたiPhoneを落下させてしまい、見事に壊してしまいました。で、先に結論を述べると、私は、Appleストアや公認の修理業者ではなく、非公認の業者で修理することにしました。

そこで今回は。その結論にたどり着くまでに私の考えた過程が、「今後同じようにiPhoneを壊してしまった人に役立つ情報になる」と考え、この記事で共有いたします。

壊したiPhoneと壊れ具合

はじめに、私が壊してしまったiPhoneですが、iPhone 5sです。このiPhoneは、海外に行った際に現地のお得なプリペイドSIMを利用したいと言う目的から、日本のAppleストアで、SIMフリー版で購入したものでした。

で、購入時には、AppleCare+には入りませんでした。「まぁ、滅多に壊すことはないだろう」と高を括っていたからです。結果として、この予想通りには行かず、iPhoneを落とした際に壊してしまう結果となりました。

その壊れ具合ですが、幸いにも液晶パネルは割れずに済みました。ですが、液晶パネルに、真っ黒な背景と赤い直線しか表示されない、と言う状況になりました。このたとえで伝わる人は限られますが、ファミカセを中途半端な感じでファミコンに差し込んだ時にテレビに映されるバグった画面のような感じです。

その壊れたiPhoneですが、ホームボタンや液晶パネルは、押したり触ったりしても、反応はなく、結果として全く何もできない状況になりました。

一方で。「これはどうやらディスプレイだけの問題らしい」と言うこともわかりました。なぜかと言うと、Bluetooth経由では、壊れたiPhone上のミュージックアプリを操作して、音楽を再生することができたからです。なので、「こいつ・・・動くぞ」と思うことになりました。

私の取れた選択肢

この記事は、2015年10月8日に書いているのですが、今現在、ちょうど先月末にiPhone 6sとiPhone 6s plusが発売されたばかりの状況です。このタイミングで、iPhone 5sを壊したため、「これは神からの、買い換えろと言うお告げなのか!?」と考えていました。

で、iPhone 5sを壊しましたが、SIMフリーのiPhoneをどうしても使い続けたい私が取れた選択肢は次の通りでした。
  1. SIMフリーのiPhone 6sを新たに買う → 10万円コース
  2. iPhone 5sをApple公認の業者で修理 → 画面の損傷で14,800円、その他で31,800円
  3. iPhone 5sをApple非公認の業者で修理 → 画面交換で9,000円〜12,000円くらい

Apple非公認の業者で修理することにした理由

冒頭でも述べた通り、私はこの選択肢から、iPhone 5sをApple非公認の業者で修理することを選びました。

そうした理由ですが、もともと、iPhone 5sを利用していて何の不満も感じていなかったからです。加えて、Apple非公認の業者の場合、その費用が安く、持ち込んだその日に修理が終わる場合もある、と言うスピード感に魅力を感じたことが、非公認の業者を選んだ理由です。

ただ、非公認の業者を選んだ場合のデメリットは、以降、Appleの公式の修理が受けられなくなる可能性がある点です。その場合でも、非公認の業者が、このiPhoneの修理ビジネスを続けてくれる限りは問題ありません。

ですが、仮に辞めてしまった場合。非公認の業者で一度修理を受けてしまっているので、その後Apple公認の修理も受けられなくなる、つまり、今度は完全に修理ができなくなる、と言うリスクがあるわけです。

とは言うものの。安さと速さのメリットと、「次に壊した時はさすがに買い換えてもよかろう」と言う判断から、非公認の業者を選んだわけですね。

非公認の業者で修理した結果

で、非公認の業者で修理した結果ですが、見事に直りました。iPhoneを落下させ、バグった画面からうんともすんともできなくなった時には、「これはもうダメかな…」と諦めかけたのですが、今は新品同様な感じに直りました。

ちなみに修理内容は、業者の見立てで「ディスプレイの表示不良で、フロントパネルの交換で直ります」とのことでした。その費用は、ほぼ9,000円程度でした。また、3ヶ月以内に問題が再発するようであれば、無償で修理に対応するとの話でした。

一方で。やはり、非公認の業者の店舗を訪れた印象ですが、なんと言いますか、「あまり予算がないんだろうな」と言う印象を持ちました。その具体的なお店の名前は出しませんが、私が訪れた業者の店は、雑居ビルのあまり広くない事務所用の一室を利用していたからです。

アングラ感と言うよりは、「よい条件の店舗を借りられるほどのビジネスではなさそうだ」と言う感じでした。なので、上で懸念している通り、「以前修理を頼んだ業者がなくなってしまう」と言うリスクは、可能性としてありそうです。それが心配な人は、高くてもAppleストアか、公認の修理業者に頼むのがお勧めです。

ちなみに。白金・白金台エリアの最寄りでは、目黒駅や恵比寿駅の近くでApple非公認のiPhone修理ができるお店があることもわかりました。私はその店で修理したわけではないのですが、ご参考までに。
白金・白金台の住人が保証切れSIMフリーiPhoneを修理してわかったこと Reviewed by blogger on 9:34 Rating: 5

0 件のコメント:

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.