Top Ad unit 728 × 90

白金1丁目に新規オープンした洋菓子店を訪れてわかったこと

白金1丁目に新しい洋菓子店が2015年6月後半にオープン予定」の記事の続報です。

昨日(2015年6月27日)その洋菓子店、MAISON D'AHNIがオープンしたのですが、本日早速訪れてみました。今回はその結果わかったことをご紹介します。

焼き菓子だけではない

この店を訪れてまずわかったことですが、扱っているのは焼き菓子だけではないことです。

この店のコンセプトは、バスク地方の焼き菓子がメインではあるのですが、フルーツのタルトなど、いくつかの種類の生菓子も扱っています。

また、タルトのケーキにプレートをつけてバースデー用のケーキとしての販売することもできるそうです。ただし、そのためには、事前の予約が必要です。

ちなみにパンは扱っていませんでした。

焼き菓子には種類がある

次に、この店で扱っている焼き菓子ですが、いくつか種類があります。今回私が買ってみたのは次の3種類の焼き菓子です。
  • ガトーバスク
  • フィナンシェ
  • ガトー・ノワ・ド・ペカン
ちょうどこの記事のトップの写真が、実際に私が買ったその焼き菓子の様子です。私はとりあえず、ガトーバスク(写真の右手前のお菓子)を食べてみたのですが・・・、これはなかなか良かったですね。

どのように良かったのかというと、さっくりとした生地の中に絶妙にジャムが仕込んであります。その食感とジャム味が同時に楽しめるところが良かったです。また甘さが濃厚な割にはくどさを感じさせずその点も良かったですね。

近場へのお土産向き?

ただ、お菓子のサイズに対してその価格を考えると、「ここぞと言う時のお土産用に向いているお菓子」とも感じました。

また、このお店の焼き菓子の日持ちですが、「3日間」とのことでした。なので、遠方の人向けのお土産には、残念ながらしにくいですね。

最後に。この店の内装は、フランス在住の日本人デザイナーが担当したそうで、バスク織をイメージしたフランスっぽい雰囲気を出しているとのことでした。
白金1丁目に新規オープンした洋菓子店を訪れてわかったこと Reviewed by blogger on 12:37 Rating: 5

0 件のコメント:

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.