Top Ad unit 728 × 90

白金台で右折のタイミングが特に分かり難い交差点

今回は、これから白金台で車を運転する人にお伝えしたい注意点として、右折のタイミングが特に分かり難い交差点をご紹介します。

その交差点ですが、ずばり白金台の交差点です。この記事のトップの写真がまさにその交差点ですね。この交差点は、白金台駅の出口の近くにあり、目黒通りと外苑西通り(プラチナ通り)がぶつかるT時の交差点となっています。

この交差点ですが、目黒通りを目黒方向に進んでいる状況で、プラチナ通りに入るように右折する際に、そのタイミングが分かり難いので注意が必要です。

なぜ分かり難いのかと言いますと。この交差点は、現在のところ、右折の矢印信号がなく時差式信号となっているからです。時差式信号ですが、一般的に反対側が赤なのかが右折する側からは分かり難いですよね。そして。この白金台の交差点は、普通の時差式信号よりも、右折のタイミングがもっと分かり難いのです。

なぜかと言うと。プラチナ通りへの右折のタイミングで、目黒 駅側から対向車が微妙な距離感で来ることが多いからです。どのように微妙な距離感かと言うと、「右折できるか?・・・いや、無理か?」と言うギリギリ迷ってしまうタイミングで対向車が来るわけです。しかもそこそこスピードを出して対向車が来るのでより迷ってしまいます。

で、「やっぱり右折せずに待とう」と待っていると、実際には時差式信号で対向車側が赤の場合があるわけです。その場合、無駄に対向車を待ってしまったことになりますね。

ところが。場合によってはこれが赤ではないこともあるわけです。なので、その判断が本当に微妙で分かり難いんですね。この交差点の右折のタイミングの分かり難さですが、目黒駅側来る対向車が多く渋滞している場合は問題ありません。なぜなら時差式で対向車が停車するのが分かり易いからです。

しかし。この交差点が、そのように混む時間帯の方が少ないんですね。なので、右折のタイミングが取り難いことの方が多く、注意が必要となります。なので、「どうせなら右折の矢印信号にしてくれると分かり易いのに」と私は感じています。
白金台で右折のタイミングが特に分かり難い交差点 Reviewed by blogger on 11:09 Rating: 5

0 件のコメント:

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.