Top Ad unit 728 × 90

東大医科研の敷地の(仮称)新郷土資料館等複合施設プロジェクトがスタート?

白金台4丁目、東大医科研の敷地内にある『旧国立保健医療科学院』を保存・活用するための(仮称)新郷土資料館等複合施設プロジェクトが、いよいよ動き出したんでしょうかね?

と言うのも。つい先日東大医科研の敷地を散歩した際に、『旧国立保健医療科学院』前の工事用の囲いに、ナイスなペイントがされているのに気がつきました。この記事のトップの写真は、そのナイスなペイントの一部なのですが、下の方あったプロジェクト名をアップに撮影したものとなっています。

これまでこの現場には囲いこそあったのですが、このようなペイントがされていなかったように記憶しています。なので、「いよいよプロジェクトが始まるのか?」と思うに至ったわけです。

ちなみに。この(仮称)新郷土資料館等複合施設ですが、平成29年の開設を目標としており、資料館だけではなく、緩和ケアセンターや子育て関連施設としても利用する予定とのことです。

さて、余談となりますが。個人的な希望としては、この際、医科研の食堂もこの新郷土資料館等複合施設内にリニューアルオープンすると良いのでは?と考えています。さらに言うと現在屋台村として営業している店もこの施設内で持ち帰りで料理を買えるように常設されるとナイスですね。もっと言うと、この施設内にリーズナブルな価格で利用できるカフェもできると、もはや言うことなしです。

↓つづき
「これぞ正しく灯台下暗しだな・・・東大だけに(ニヤリ)」とほくそ笑むことになった理由
東大医科研の敷地の(仮称)新郷土資料館等複合施設プロジェクトがスタート? Reviewed by blogger on 13:50 Rating: 5

0 件のコメント:

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.