Top Ad unit 728 × 90

プラチナ通りにこんな店があったら良いのでは?と思う店

プラチナ通り沿いに現在建設中のタワーマンションの「グランドメゾン白金の杜 ザ・タワー」は、2015年6月中旬に竣工、8月上旬に入居予定となっています。そのタイミングに合わせるかのように、プラチナ通り沿いでは、いくつか新しいお店がオープンする予定となっています。

1つは、2015年夏に白金台4丁目にオープンする複合商業施設の「ザ テンダーハウス」です。これはレストランやウェディング設備を備えた施設で、プラチナ通り沿いに新しくできる商業ビルとしては規模が大きいものです。また、こちらの記事で紹介したBarbizon100ビルですが、1Fのテナントの契約が決まっているのがわかるので、近いうちになんらかの店がオープンすることでしょう。

このように2015年はプラチナ通り沿いに新しい店がオープンする動きがあるのですが、そのような背景を受けて、私も「こんな店があったら良いのでは?」と思う店のアイデアがあります。

その店ですが、題して「ナショナル白金台」です。つまり広尾にあるナショナル麻布のような普通のスーパーでは手に入りにくい輸入物の食材を扱うスーパーがプラチナ通り沿いにあると良いのでは?と言うことですね。

そう考えた理由ですが、プラチナ通り沿いの近くには、それなりに外国人が居住しているからです。たとえば、プラチナ通り沿いには東大のインターナショナル・ロッジと言う宿泊施設があります。この施設ですが、暮らしているのは留学生だけではなく、夫婦や家族連れの研究者も住んでいます。

また、同じくプラチナ通り沿いには、駐日インド大使館白金台アパートメントがありますし、ちょっと足を延ばすと台北駐日経済文化代表処もあります。さらに、プラチナ通りの近くには、Kspaceと言うインターナショナルなプリスクールがあり、そこに子供を預けるために外国人の親御さんが日々通って来ています。

と、このようにプラチナ通り沿いは、比較的外国人が多い場所なのです。そのような人たちに向けてナショナル麻布のように輸入物の食材を扱う店を提供するのはどうか、と言うことですね。

実際のところ、プラチナ通りからナショナル麻布までは車で10分もかからない場所にあります。ですが、徒歩で行ける範囲に必要なものが売っていれば、そちらに足が向くのが自然ではないでしょうか。またKspaceの送り迎えをしている親御さんは、意外に自転車の利用者が多いです。なので、プラチナ通り沿いの店で駐車場を確保できなくても、そのような自転車の親御さんをターゲットにすることができるわけです。

また、外国人だけではなく輸入食材を扱う店は、日本人にとっても発見があり面白いですよね。実際、私は特に買いたいものがなくても、ナショナル麻布を訪れることがあります。

以上のような考えから、 プラチナ通り沿いに「ナショナル白金台」があると良いのではと思ったわけです。
プラチナ通りにこんな店があったら良いのでは?と思う店 Reviewed by blogger on 11:37 Rating: 5

2 件のコメント:

zazugo さんのコメント...

成城石井が出店用地を探しています!
ナショナル白金台もいいですが、成城石井も魅力的です。
http://www.seijoishii.co.jp/about/bosyu.html

blogger さんのコメント...

コメントありがとうございます。
なるほど、成城石井も良いですね!しかも出店先をホームページで募集しているんですね。

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.