Top Ad unit 728 × 90

プラチナ通り沿いの店舗の最新状況2014年 - その11

はじめに

今回は、プラチナ通り沿いの店舗の最新状況についての調査の第11回目として、次の店舗を紹介する。

・ビオトープ ナーセリーズ (ガーデニングショップ)
・ビオトープ (化粧品・アパレルのセレクトショップ)
・アーヴィング プレイス (カフェ・レストラン)

この最新状況の調査をしている理由は、ここのところプラチナ通り沿いの店舗の入れ替わりが激しいように感じたからだ。

調査にあたっては、白金台交差点から広尾側に向かって右側の店舗から行っている。1記事で原則3店舗を紹介することにしているが、場合によっては区切りの良い店舗数を紹介する場合もある。

過去10回の記事は、次のページにリンクをまとめ、簡単に閲覧できるようにしている。

プラチナ通り沿いの店舗の最新状況2014の記事リンク

第11回目の今回は、ショコラティエ・エリカの隣のビオトープ ナーセリーズからスタートする。

ビオトープ ナーセリーズ

ビオトープ ナーセリーズの入口
ショコラティエ・エリカの隣には、ガーデニングショップのビオトープ ナーセリーズがある。この店のコンセプトは、「都会に暮らす人々のための”アーバンガーデニング”」で、植物を中心に、ガーデニング用品、衣類、書籍など関連する商品も扱う。

ビオトープ ナーセリーズは、新しい”BOTANICAL LIFE”を提案する。”BOTANICAL LIFE”とは、"植物のある暮らし"と言う意味である。ビオトープ ナーセリーズでは、他にはないちょっと変わった植物やこだわりのツールを扱っており、それらによる新しい”BOTANICAL LIFE”が実現できる。

またビオトープ ナーセリーズは、次に紹介するビオトープと合わせて、ライフスタイル全体をテーマとしたショップとなっている。このようにライフスタイル全体をテーマにしたショップは、このビオトープが先駆けのショップである。

ビオトープ

ビオトープ入口近くにあるツリーハウスの飾り
ビオトープ ナーセリーズの隣には、化粧品とアパレル用品のセレクトショップであるビオトープがある。ビオトープには、1Fと2Fがあり、1Fではナチュラルコスメを扱い、2Fではメンズ・レディース向けに衣類や靴、小物等を扱うセレクトショップとなっている。

「他店にないものがビオトープにある」とは、ビオトープのクリエイティブ・ディレクターの熊谷隆志氏の言葉である。この言葉は、ビオトープで扱う商品をセレクトする際の熊谷氏の考えを良く表している。

ビオトープはこのような考えの元、独自の視点でセレクトした世界のトップメゾンと注目ブランドを扱っている。

2Fの店内は一度リニューアルされており、1Fのビオトープ ナーセリーズやコスメショップとは、がらりと雰囲気が変わる。

この2Fの雰囲気は元々のコンセプトである「ライフスタイル全体をテーマとしたショップ」のその先を表現している。その表現しているイメージは、「サンフランシスコにコレットがあったら」で、アメリカ西海岸のモダン住宅を思わせるものとなっている。

アーヴィング プレイス

アーヴィングプレイスの看板
ビオトープの3Fには、カフェ・レストランのアーヴィング プレイスがある。そのコンセプトは、「誰かのプライベートリゾートに招かれたような風景を楽しめるカフェ&レストラン」である。

アーヴィング プレイスの入口だが、初めて訪れる場合はちょっとわかりにくい。アーヴィング プレイスに入るためには、ビオトープの1F入口の前を通り過ぎ、次の入口から入り階段を3Fまで登る必要がある。

3Fまで階段に登り店内に入ると、 「誰かのプライベートリゾートに招かれたような」と言うコンセプトの通り、居心地のよい快適な空間が広がっている。

11時〜17時はランチタイムとなっており、 ランチセットとして、スープ、サラダバー、ドリックのセットがつく。料理は、肉や魚のグリル料理やパスタ、サンドイッチ、ハンバーガーなどが食べられる。

まとめ

以上、プラチナ通り沿いの店舗の最新状況の調査の第11回として、ビオトープ ナーセリーズ、ビオトープ、アーヴィング プレイスの3店舗を紹介した。

アーヴィング プレイスは本当に快適な空間で、私は気分を変えたくなった時にこの店に訪れるようにしている。 ビオトープ ナーセリーズは、目黒通りのガーデニングショップ Tachibanaが閉店した今では、このエリアで数少ない貴重なガーデニングショップとなっている。

また、ビオトープ 2Fのセレクトショップだが、こちらもメンズの衣類を扱う店が少ないプラチナ通り沿いの店舗にあって、貴重な存在となっている。
プラチナ通り沿いの店舗の最新状況2014年 - その11 Reviewed by blogger on 10:45 Rating: 5

0 件のコメント:

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.