Top Ad unit 728 × 90

「センタードームが食い破られるなんて…」、白金グレースビルの解体現場の今

白金グレースビルの解体現場の今

目黒通り日吉坂沿いの白金グレースビル(白金2丁目)の解体工事が進んでおり、その様子を撮影した。以下の写真は、2014年5月14日の解体直前の様子である。
2014年5月14日解体直前の様子

パワーショベルの導入と風の谷のナウシカ

これまでは屋上側からコンクリートを地道に斫って解体を進めていたが、現在は、パワーショベルが導入されている。

今朝方、散歩がてら現場を見たときは、ちょうどパワーショベルが解体途中の状態でビルに残されていた。その様子が私に、スタジオジブリ作品の映画版の「風の谷のナウシカ」の蟲に食い破られたペジテ市のワンシーンを連想させ、この記事のタイトルとなった。

まるでセンタードームを食い破る王蟲のよう

外国人労働者が主戦力に

この解体工事現場だが、外国人労働者が主戦力となっている。すべてを見ているわけではないが、何度か通りかかった限りは、作業員のほとんどが外国人労働者であった。

現在、建設業の労働者不足が課題となっているが、すでに日本人だけでは成り立たない状況になっているように思われた。

別角度から見た解体現場
2014年7月12日追記:
2014年7月12日撮影
白金グレースビルの解体工事だが、パワーショベルを使った解体工事がしばらく中断した様子だった。しかし、本日(7/12)は、解体工事が再開されている。その様子を次の動画に撮影した。

白金グレースビルの解体工事 2 
https://www.youtube.com/watch?v=my8riIGJNv8

2014年7月18日追記:
解体後の瓦礫の片付けも大分進み、ほぼほぼ解体工事が終わりかけている。
2014年7月18日撮影
2014年7月25日追記:
目隠しとなっていた防音シートもなくなり、ほぼ更地の状態となった。
2014年7月25日撮影
2014年8月12日追記:
完全に更地になった白金グレースビルの解体現場だが、今度は新しく建設工事が始まっている。現在は基礎工事を行っている段階だ。
2014年8月11日撮影
「センタードームが食い破られるなんて…」、白金グレースビルの解体現場の今 Reviewed by blogger on 9:26 Rating: 5

0 件のコメント:

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.